ABOUT

デザイナー奥出貴ノ洋により、2018年に東京にて設立。

デザイナーが経験してきた世界中の様々なカルチャーをベースに、メイドインジャパンに拘り表現した日本発のブランドLASTFRAME(ラストフレーム)。中でも職人の数が年々減少している伝統技術にフォーカスを当て、デザイナーのフィルターを通した現代的解釈により、これまでに無い独自のデザインで表現している。 ブランドを代表するアイテムのスカーフは、デザイナーの故郷石川県の120年を超える歴史ある紋織物技術を用いてオリジナルテキスタイルのシルクを製作。プリントは横浜の伝統的なスカーフ製造技術を用いており、縫製は一点一点職人による手巻き縫いで仕上げられている。これら全てが世界最高レベルの技術を誇るが、今では職人の高齢化が進み、後継者不足により今後の製造が困難な状況でもある。この様な状況を打破すべく、メイドインジャパンのラグジュアリーブランドとして世界に発信する。

 

LASTFRAME was established by Takanohiro Okude in 2018 in Tokyo, Japan.

LASTFRAME is a brand that expresses the passion for “Made in Japan”, incorporating a myriad of cultures of the world that the designer himself experienced. The designer creates unique designs through his modern interpretation while focusing on traditional skills of craftspeople that are becoming fewer every year. The brand’s representative item scarf is made with an original textile silk that uses the time-honored weaving techniques with a history of over 120 years of Ishikawa prefecture, where the designer’s hometown is located. The print itself adopts the traditional scarf fabrication techniques of Yokohama, which feature hand-rolled edge hemming meticulously sewn one-by-one by expert craftspeople.While these boast the world's highest level of technical skill, future production remains a challenge as the craftspeople are aging with few successors to take over the trade. To overcome this situation, our aim is to create a distinctly "Made in Japan" luxury brand and deliver it to the world.